将来の自分のために今からできることを

私は5歳、2歳、0歳の3人のこどもたちを育てています。結婚前は保育士として勤務していましたが、結婚を機に退職、その後は専業主婦として子育てに専念しています。保育士という仕事も子育ても体力勝負、特に腰への負担が大きく、勤務中に椎間板ヘルニアになり、現在も腰痛と戦っています。そして昨年夏、当時4歳の息子を抱っこしようとして人生初のぎっくり腰になってしまいました。病院に行く時間がなくて椎間板ヘルニアは放置していたのですが、ぎっくり腰はそうもいかず、久しぶりに整骨院に行きました。そこで言われたのが、とにかく身体が固いということでした。特に股関節の動きが悪く、話を聞いているうちに、いつか寝たきりになってしまうのではないかととても不安に感じるようになりました。そこで、毎日ストレッチをして身体をほぐそうと決めました。
初めの頃は、夫に笑われるほど身体が固く、前屈は全く床に届かない、股関節は90°開けばマシというぐらい酷い有様でした。とにかく痛くて痛くて、ストレッチが苦痛だったのですが、寝たきりになりたくない一心でがわばりました。すると続けていくうちに、少しずつ身体が伸びていく感覚や痛気持ちいいという感覚を感じることができるようになってきました。今では前屈も開脚もそれなりにできるようになり、腰痛も改善されてきました。ぎっくり腰になり思うように身体が動かなくなったことで、将来の自分の健康への危機感を感じ、少しずつでも続けてきたことが良かったのだと思います。30代の今は多少の無理もできますが、老いていくことは止められません。だからこそ今からできることを、将来の自分のために少しずつこつこつと続けていき、いつまでも健康で過ごすことができるようにしていきたいです。イライラしてどうしようもない!そんな時に